忍者ブログ

静岡県富士宮市の文房具屋。川が流れる店内、奥には蔵もある文具店Rihei(リヘイ)です。


新商品やお得な情報をお届けするRiheiさんの文ブロ具

[PR]

2018/12/15 (Sat)  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

万年筆、高校生にも広がる

2012/08/11 (Sat)   新聞掲載

久しぶりの更新です。

先日の朝日新聞に、「万年筆 高校生にも広がる」という特集が載りました。

万年筆が高校生の間で、かっこよく新しい道具としてジワジワ広まってということ。専用のサイトやSNSなどで、情報交換も行われているようです。もはや敷居の高い大人の筆記具ではありません。
確かに最近、パイロットのプレラやラミーのサファリなど、安価でデザイン性に優れたものを自分用に買う若いお客さんが確実に増えています。
また、色とりどりのインクも、その購買意欲や、人との差別化をしたい気持ちに一役買っています。

一度使うとやめられない万年筆。

Riheiでは、初めて万年筆を使うお客様にも、専用コーナーで懇切丁寧にアドバイスします!
ぜひお店で書きまくって、あなたの1本を見つけて下さい。
PR

日経新聞に掲載されました

2012/07/20 (Fri)   新聞掲載

img048.jpg 






 7月20日(金)
 日本経済新聞静岡版
 「しずおか発はばたく実力派」に、
 文具の蔵Riheiが
 掲載されました!









 

蔵開きが載りました

2012/01/13 (Fri)   新聞掲載

1月11日の蔵開きの記事が、
岳南朝日新聞と岳陽新聞に
掲載されました。
e9a6c988.jpeg






ba154353.jpeg






扉を開けているのが自分です。

さらさらと万年筆心地よい

2011/07/08 (Fri)   新聞掲載

今日は先月の朝日新聞に載っていた記事を
紹介します。

「さらさらと万年筆心地よい」というタイトルで、
ペンドクターという、万年筆を再生・調整する
職人さんの特集でした。

img029.jpg






ご存じの通り、万年筆は使う人それぞれによって
最適な1本に仕上げることができ、その書き味は
ボールペンなど他のペンとは比べものにもならず、
一度使うと手放せなくなります。

イメージから、万年筆は高いとか使いにくいとか、
贈り物だけ、と思われがちですが、ここ数年は
メーカーの出荷量も増えており、また低価格の
ものや若者向けのものも多くあり、テレビや雑誌
にも露出が増えています。

そんなことで、みなさん万年筆を使いましょう。
必ず虜になるはずです!

5月21日の岳南朝日に載りました

2011/05/23 (Mon)   新聞掲載

5月21日(土)の岳南朝日新聞に、
Riheiボックスギャラリーの記事が
掲載されました。
img026.jpg